リンゴの品種紹介

余市町・藤本観光農園
余市町の果樹園 藤本観光農園TOP ショッピング カゴの中を見る お買い物方法 特定商取引法に基づく表示 お問い合せ
農園紹介
こだわり 
カレンダー
アクセス
さくらんぼ
ぶどう  
りんご
さくらんぼ狩り
ぶどう狩り
りんご狩り
旬だより
BLOG
電話0135-22-3624 北海道余市郡余市町登町1976番
カウンター
りんご

余市町は、日本で初めてリンゴを結実させた、いわば北海道のリンゴ発祥地です。本格的な導入は明治6年のこと。数本のリンゴからはじまった果樹栽培は、我が国の基幹品種となった、「国光」、「紅玉」、「祝」などが含まれており、国内りんご生産の礎となりました。その後もくだものづくりに適した北海道の気候、風土に順調に定着し、現在作られている品種は30種を超えます。

余市町では昼夜の温度差が大きいので色がつきやすく、肉質が緻密で、貯蔵性の高いりんごが作られています。リンゴはミネラルのカリウムや、ペクチンやセルロースなどの食物繊維が豊富です。

 

津軽津軽(9月下旬から10月中旬)

1973年に「つがる」と命名された、北海道の主力品種です。
大玉で甘く人気あり、緑がかった黄色に、紅色のしま模様が入り、ジューシーな甘みが特徴。
北海道産つがるは着色が良く貯蔵性もあり、糖度が高いことから、道外市場でも高い評価を得ています。

さんささんさ(9月下旬から10月中旬)

1986年に種苗登録された品種。小粒ですが、酸味と甘みのバランス良く、パリパリした食感が人気の品種です。
果実はやや小さく、円すい形で、黄白色の地に鮮紅色に着色します。肉質はち密でジューシー。やや遅めの時期(10月上旬)の方がお勧めです。

レッドゴールドレッドゴールド(10月下旬〜11月中旬)

1936年にアメリカで選抜されました。北海道で古くより栽培され「そうべつりんご」の代名詞的存在です。
果実は小ぶりですが甘く濃厚な味のりんごです。果実の外観は全面が赤色となり、完熟するとあまり日持ちはしませんが、酸味が少なく蜜入りが多いことから人気が高い品種です。

王林王林(11月〜2月下旬)

甘く独特の香りを持つ黄色いリンゴです。
北海道産は少し酸味が加わり比較的濃厚な味になります。貯蔵力もあります。 果実はやや小さく、長円すい形です。
香りが強く、果汁が多く、酸味は少なくて甘味が強い食味の優れたりんごです。

紅将軍紅将軍(10月中旬〜12月初旬)

「やたか」から見つかった兄弟りんご。果実の外観は全面が赤色となり、果肉はジューシーで蜜が入ります。
「ふじ」タイプのりんごとして期待されている、明るい色と、大きさが自慢の新品種です。甘味が多く、やさしい歯ざわり。
生産量が極めて少ない希少品種です。

ふじふじ(11月初旬〜2月下旬)

今や世界的品種となっています。甘みが強く歯ごたえもよく、貯蔵性は全品種の中で最も高く、非常に長持ちします。
甘味と香りが強く、ほどよい酸味が特徴。果肉はよく締まっていて歯ごたえがよく、果汁も多くて何ともいえない良好な味です。蜜も入りやすく、蜜入りのものは特に美味しいです。

早生ふじ昴林(10月中旬〜12月初旬)

昴林は赤色のりんごで、果肉が黄白色で多汁、肉質は緻密で硬く蜜が入ります。甘みがとても強く、果汁がたっぷりでジューシーな味なので万人にこのまれるリンゴの味です。
「ふじ」を無袋栽培してできあがった品種で、10月中旬から下旬にかけて収穫され出荷されるリンゴで「早生ふじ」とも呼ばれます。

お買い物はこちら
ページトップへ
余市町の果樹園 藤本観光農園TOP | 農園紹介 | こだわり | カレンダー | アクセス | さくらんぼ | ぶどう | リンゴ | さくらんぼ狩り | ぶどう狩り | リンゴ狩り
旬だより | ブログ | ショッピング | カゴの中を見る | お買い物方法 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合せ